アイキャッチ

これだけでも、ご飯が美味しくなる一人飯専用・焼き豆腐

大好きな焼き豆腐を紹介します。
売ってる焼き豆腐ではなくて、豆腐ステーキでもないです。
そして、とっても簡単なので一人飯にぴったりです。

▼も く じ
  1. 材料
  2. 作り方
  3. 出来上がり

01.材料

  • 豆腐
  • 茗荷
  • めんつゆ

オイル:適宜

以上!

めちゃシンプルかつ安上がり!

材料
材料は3つだけ!

02.作り方

  1. フライパンに多めのオイルをひきます。
    オイルの種類はお好みで。
    茗荷と一緒に爽やかにいただきたくて、今回はオリーブオイルにしました。で、豆腐には水分がたっぷりなので熱したオイルに入れるのは危険です。
    でも、水切りなんてしたくないので、一回だけ表面の水気をキッチンペーパーでおさえて、冷たいままのオイルに投入します。
    冷たい豆腐
    冷たい豆腐
  2. それから火をつけてオイルがぶくぶくしてきたら、火を中火にします。
    あとは油はねを気を付けて揚げ焼きのように焼いていきます。ほとんど放置です。
  3. こんな感じに片面に色がついたら裏返します。
    でも、これはお好みでもっと焦げたほうが良いかたはもっと時間をかけても良いです。大体片面5分強を目安にしています。
  4. 両面がいい色になったら皿に盛って上から茗荷をたっぷりかけてめんつゆをかけて出来上がりです。

    焼き豆腐の出来上がり
    焼き豆腐の出来上がり!

03.出来上がり

これをこのままでも良いですし、めんつゆではなくとろみのある漬けだれにしてご飯にのせてうえから漬けだれをかけて丼にしても良いです。

豆腐の大きさは食べたい量にあわせてください。
これは3個で100円のやつだったので、ちょっと少なかったです。

自分の好みとしては、茗荷だけをトッピングするのがオイルを爽やかにしてシャキシャキした歯ごたえもあって丁度あってると思っています。

が、トッピングはお好みで青ネギでもいいし、青シソでも良いですし。
ちりめんじゃこでもいいと思います。

めんつゆは簡単でさっぱりしてるから。
しょっぱい味がお好きな方は醤油でも。

オイリーなので豆腐だけってさみしさもなく、簡単でヘルシーに食べられます。
丼をおすすめします。
(最後に盛り付けの写真を撮ったのに消えてしまってました(-_-;))

1人専用焼き豆腐の盛り付け例
1人専用焼き豆腐の盛り付け例

bon-appetit!